将棋の格言

格言を知り、対局を制す。格言には、数知れない先人達の知恵がある。

金なし将棋に攻め手なし

金なし将棋に攻め手なし(きんなししょうぎにせめてなし)とは、金将は攻めの要でもあり、金がなければ相手玉を仕留めることはできないという格言。

金は斜めに戻れない駒ですがそれ以外は玉と同じ動きなので玉を守るも討ち取るも波長が合います。

その為、とどめをさす為に用いられる駒でもあり逆にとどめをさされないようにする駒でもあるわけです。



金なし将棋に受け手なし

金なし将棋に受け手なし(きんなししょうぎにうけてなし) とは、金将は守りの要であり、金がなければ敵の攻撃を受けきれないものだという格言。

金将は、受ける場合においても非常に重要な働きをします。

特に終盤では銀より金がまさることが多いものです。

詰める時、もっとも役に立つのは、金ですが受けるときにも、もっとも役に立つ駒が金なのです。


スポンサーリンク